2005年02月04日

ひと夏のおもひで・・・

遠い昔、友人の結婚式の二次会で出会った人がいた。
身長が185センチ位あって、大沢たかおtakao.JPGをハンサムにして浅黒くした感じの人だった。
彼は岩手県からやって来ていて、外見に似合わず、朴訥とした人だった。

米じゃないが、hitome.JPGだった。

二次会が終わった時、彼が

「良かったらこれから、飲みに行きませんか?」

と、誘ってくれた。勿論行ったが、私の隣にいた船越英一郎似の男も
何故か一緒について来た。

結局3人で飲んだ。
そいつがうるさくて、殆ど話せなかった。

別れ際、
「是非、岩手に遊びに来て下さい」
と言ってくれたので、夏休みに本当に遊びに行ってしまった。
本心はひとりで行きたかったけど、勇気がなくて友達とふたりで行った。

迎えに来てもらった車の中で、あまりに山道がハゲしくて車酔いし、
夕暮れの海辺で、彼の足元にしゃがみ、ずっと「げえげえ」言っていた。
夕日に染まる彼の横顔は全く見れず、足元の干からびた昆布と愛を語り合った。

急遽彼も友人を誘って、4人で遊んだ。
夜の海辺でバーベキューをした。
トイレに行きたくなって、松林の中の公衆トイレに行く時に、彼が心配して
ついて来てくれた。
暗闇の中の彼の白いシャツが、とてもまぶしかった。

「このまま、ふたりで消えちゃおうか?!」

などと言える位だったら、あの日、船越を追い払えていただろう。

個室に入っていた時、何故か急に電気が消えて、驚いた私は
「ぎゃ〜〜〜〜〜!!」
と叫んでトイレから飛び出した。
すると、彼も一緒に
「ぎゃーーーーー!!」
と叫んで、私を追い抜かして逃げて行った。

その時、足を踏まれた。

愛は痛みを伴うものなのか?

彼は単に私の叫び声に驚いて逃げてしまったらしい。

まあいい。
肉を焼く時の彼の指が美しかったから許すことにした。

その夜、カラオケに行った。
岩手県出身、新沼謙治の「嫁に来ないか」を彼は歌った。
それって
 それって
  それって・・・。

何の進展もないまま、
最後の日を迎えた。
盛岡駅に送ってもらう前に、小岩井牧場に行った。
気の利かない彼の友人を引き放してもらい、
ひつじのベンチもどきの上でやっとふたりきりになった。

「あの・・・。私・・大沢君に話したい事が」

「何?」

「えっと・・・あの・・私ね?・・・あなたの事が好きなの」

生まれて初めて、自分から男子に告白してしまった。

「ありがとう。オレも好きだよ?」

・・・・・
何かが違う・・・。
文字だけ見れば、両思い!めでたい!やったー!

しかし、何かが違う。
やけにあっさりっていうか、そうじゃないっていうか、
なんか勘違いっていうか、気付いてないって言うか?


人はそれを、
「人間愛」と呼ぶ・・・


私がわざわざ岩手まで行った理由を、
彼の友人さえも気付いていなかった。
あとで私が電話で話して

「ああそうだったんだ〜。全然わかんねかったべ」

気付けよ!!!
つか、普通気付くべ?
あ〜!どいつもこいつも!!!!

そして、友人が彼に・・・

「彼女、おめえのこと好きなんだってよ?彼女いい子だべ?」
「ああ。イイ子だな。オレも好きだ」
「じゃなんで付き合わねえ?」
「彼女が岩手だったら付き合うけどよ、遠すぎるべ?
ヤリたいときにやれねえ女とは付き合えねえ」

  ・・・・・

ねえ、神様。
正直さとは、罪なものなのですね?
優しいウソをつく、都会のオトコたちを、
少しは見直しました。

私のひと夏の淡い恋心は、小岩井牧場の・・・
乳脂肪分が高い割に、さっぱりとしたソフトクリームのように・・・
跡形もなく、溶けて行きました。

そして
私と彼がふたりきりだったとき、同じようにふたりきりだった奴等がいた訳で・・・
絞りたての牛乳が発酵熟成してまろやかなヨーグルトになるように・・・
ふたりは結婚しました。

ああ、神様。
人生って、人生って・・・
なんですか?
posted by Cimbombom at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのバカ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

タ ク シ ー

奇妙な縁で引き寄せられた
タクシードライバーと客。
この移動する小さな密室の中で
ドライバーがミラー越しに垣間見る客の人生模様
客がドライバーの背中に見る世相こもごも・・・

なんて気取っては見たものの(爆)
国内外でのタクシー ネタを、ぼちぼちと・・・。

それは、イタリアローマでのこと。
友人に頼まれたブランドバッグや、自分にグッチのバッグを買い、
両手が一杯になっ てしまった。
その頃、ローマではバイクなどを使ったひったくりが横行しているとのことで、
こんなブランドの紙袋を持ってふらふらしていたら格好の標的になるのは
目に見えていた。仕方なく(私は海外ではなるべくタクシーを使わないようにしてい
る。トラブルの元なので) タクシーを止め、ホテルの名前を告げる。

幸いにして私は1度通った道は大体覚えているのと、
方向感覚が動物級に良かったので、
今まで海外で、大回りをされる事もなかった。
その日もちゃんと道筋をおおまかにチェックしながら
順調にホテルに向かっていた。

そして、ホテルの前に着いたとき、おやぢドライバーが金額を告げた。
ちょっと日が暮れかかっていたので、財布の中の札がよく見えない。
なるべくドライバーに中を見られない様に気遣いつつ、リラの桁の多い
ゼロに目を泳がせながら、目的の札を探すのは至難の業だった。
と、その時!
ドライバーが私のサイフの中から札を抜き取った。
それはど〜みても一番大きな額の札だった。
「あっ!何 すんのよ?返してよ!」
「この札で大丈夫だよ」
頷きながら、手で大丈夫。とやっている。
外人のこーいうポーズは、ごまかしの時の常套手段だった。
ドライバーのおやぢはその札を自分の手持ちの札の中に紛らせた。
(こいつ、やりやがったな!?)
「うそ!それじゃ大きすぎるわよ。これは私のお金よ!返しなさいよ!」
そういって私も負けじと身を乗り出し、おやぢの札束からトランプを引くように
その札を抜き返した。
「何すんだよ!それは俺の金だ!返せ!」
「ふざけないでよ!これは私のお金よ!アンタが勝手に私のサイフから抜き取った
んじゃないの!この泥棒!」
「返せ!」
私たちがぎゃあぎゃあやっていると、ホテルのドアマンがやって来た。
私はこのホテルのゲストだったし、何より女に甘いイタリア男の習性を利用するのは
今しかない! と思い、
「どうしましたか?」
と優しく声を掛けてくれたドアマンに、思いっきり甘えた声で助けを求めた。
「この人がぁ私のサイフから勝手にお金を盗んだの!泥棒なのよ。助けて!」
すると、ドアマンがドライバーに確認している隙に、私は料金から2割位引いた金額
を タクシーの中に残して、立ち去った。
「2割は慰謝料として頂くわ!ぷりぷり」(←日本語)
と、あくまで激怒を装いホテルに入る。
背後ではおやぢがなんだか「この金額じゃ足りねーよ(怒)」
と、ホテルマンに訴えている気配を感じたが、日本人が騙されっぱなしだと
タカをくくってると痛い目にあうんじゃ!この悪徳ドライバーめ!
と、自分に言い聞かせ(なにげに小心者)、エレベーターに乗った瞬間どっと疲れるワタシだった。

勿論、こんなことはホテルの真前で、すぐ呼べば届く範囲にホテルマンがいたからこ
そ、 「勝算あり!」と見て、粘れた事だった。
これが街中だったりしたら、イキナリ車を出されたりしたら怪我をしかねない。
はした金の為に怪我をする方が余程バカを見る。
(っつ〜か、はした金ならくれてやれよ?)
しかし、イタリア人のいい加減さったら!
そのほかもろもろは、また次回(・∀・)

posted by Cimbombom at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのバカ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月16日

検問にて

飲んで駅から車を運転して帰る途中、あまり食べなかったせいか、
やけにお腹が空いて耐えられなくなり、
コンビニでパンを買い運転しながら食べていた。
前の車が急ブレーキをかけたので、
「・・ったく、あぶないなあ」
と思って良く前を見ると、なんと検問!
「ヤヴァィ!!!」
人生最大のピーンチ!!
お酒も飲んでいるし、口いっぱいにパンも入っている。
慌ててパンを飲み込もうとしたら、のどに詰まってしまった!
ぐっ、ぐるぢい!
「はい。お酒の検問です。」
「・・・・・」
助手席のコンビニの袋と、手に持ったパンをじろりと見られた。
「…いま、お仕事のお帰りですか?」
「・・・・・」(はい。お酒を飲んだ帰り…ともいいます)
「…食べながら運転すると、危ないですよ?」
「・・・・・」(はい。もっと危険な飲酒運転してます)
「気をつけて。ご苦労様!」
・・・・・
深夜、口いっぱいにパンを頬張ってもがき苦しんでいる
マヌケな女が、まさか酒を飲んだ後だとは、さすがの警察も見抜けなかったらしい。 
 
嗚呼「パンは、身を助く」「沈黙は金」  


注: 飲んだら乗るな! 乗るなら飲むな!
(パンで誤魔化してはいけません!・・・わたしはどんなに飲んでも顔に出ないので助かり・・・いえ、良くないですね )

posted by Cimbombom at 01:01| Comment(3) | TrackBack(0) | わたしのバカ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月12日

日韓友好秘話!?   ソウルにて・・・

韓国にはキレイな女性が多いが、男性は個人的には、
日本人のほうがかっこいいと思うが、希〜に見る
韓国ハンサムは、日本人より遥かに2枚目だと思う。

そんな中、お腹が空いたので、食堂でビビンバを食べていた。
すると、私と友人の隣りのテーブル席に男性2人組が座った。
友人側の隣り側には、典型的な韓国フェースの人。
私側には、「その希に見るハンサム」君が座った。私はすかさず
「隣りの人、かっこいい!」
「隣りって、どっちよ?!」
「あんたの隣りじゃないほう!こっち!私の方の人っ!」
「…ふ〜ん。そうかぁ?!

その日の午後便でもう帰国だったので、最後に素敵な人を
見れてよかったな〜!などと、ビビンバほおばって、
浮かれて話していると、
「…いくら?!」
という声がかすかに聞こえてきた。
「んっ!?いくら?!…『いくら?』って、
日本語・・じゃなかったっけか?韓国語はオルマエヨ?!
だったような…」

って〜ことは…まさかまさかまさかまさかまさかまさかまさかまさか…∞
にほんじんっつ!?
私と友人は、顔を見合わせ己の耳に全神経を集中させた。

激辛キムチを食べてるかのよ〜に、汗がだらだらと出て来る…。
落ち着け。 空耳  かもしれない。

「じゃ、俺払っとくよ…」

・・・・・(ー_ー)!!

私達は、彼らが出て行くまで、ず〜っと下を向いたままだった。
ちらっと見ると、彼らもコトバ少なにうつむいて店を出ていった。向かいの友人を見ると涙を流していた。
「『あんたの隣りじゃないほう!こっち!私の方の人』だって〜!ひぃ〜。おかしぃ〜!余計なお世話!って思っただろうね〜。きまず〜!!」

しかし、この時間に食事ってことは、もしかして…。
私のいや〜な予感が的中して、なんと彼らとまた空港でばったり。しかもやっぱりな事に同じ便だった。
心なしか、「そっちじゃないほう!」と、力強く言われた彼の視線が痛かったように感じたのは、私の気のせいだろうか?

勿論、誉めちぎった「韓国ハンサム君」顔の彼と、ロマンス が生まれる訳もなかった。
posted by Cimbombom at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのバカ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。