2004年11月03日

うわ!

もう今年もカレンダー残すとこ2枚を切りました!
ずっと放置プレイで、来てくださっている皆様、申し訳ありません。<(_ _)>

思うところ(ネタ)は色々あるのですが、なかなか及びません・・・。


最近、ショックなことがひとつ。
それは、イラクで殺害された、香田さんの事です。
大方の見方は、こんな時期に、あんな場所に・・・と、ある種自業自得のような
世論が多いですが・・・。
実際、それはその通りだと思います。
トルコを通して、少なからずイスラムの世界をかじったことのある者としては、
その無謀さには呆れる程です。
(言い尽くされ感がありますので、あえてここでは言いません)

けど。

あの香田さんの声と、表情が脳裏に焼きついて離れないのです。
あんな状況にありながら、淡々と、自戒の念を滲ませながら話す香田さんは、
私の目には酷く冷静に、大人びて映ったのです。
そこに至るまでの軽はずみな行動とは裏腹に。

まだ24の若さで、普通だったら泣き叫ぶか、言葉も発せないかでしょう。
たとえ話せても、支離滅裂になってしまうのではないでしょうか?
簡潔・効果的な言葉で(状況と自分の感情を、的確に、且つ
抑えたトーンの言葉で実に上手く表していたと思います)
決して「助けてくれ!」と言わず
「帰りたいです・・・」
と・・・。
(そりゃ言えないだろうよ?というツッコミもあるかと思いますが、
あの状況下では普通出来るものではないと思います)

勿論、私には何も出来ないのだけれど、どんなに傷ついてもいいから、
とにかく生きて日本に「帰して」あげたかった。

30日の夕方に、殺害されたと言われていますが、その瞬間、
一体どんな思いが彼の脳裏に過ぎったのかと思うと、
本当に切ない。

あんなに思ってくれる親御さんを悲しませるような事をして、
皆に心配や迷惑を掛けて、本当に大馬鹿!だよ、香田さん!
殴ってやりたい。
だから・・・
だから・・・
生きて帰ってきて欲しかったよ。

心よりご冥福と、
この死が無駄にならないことを、願っています。

こうやってだんだん、人の死がちっぽけなものになって来たり、
段々慣らされてくると、戦争や、それに近いことをするのが
平気になってくる。知らず、知らずのうちに。
それが、何より恐ろしい。

posted by Cimbombom at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/948560

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。