2004年08月25日

君よ 戯言と笑ふこと勿れ    其ノ弐

(その一から見てね♪)

でもね〜。
こういうと、子供のいないアンタにゃわかんないのよ!
って言われそうだが(笑)
が、それは言い換えれば、世の中には子供の特性を理解してくれる人ばかりじゃないからこそ、親として恥ずかしくないように振舞う必要があるんじゃないの!?
という事にも繋がるんですが。意地悪な言い方をすれば(爆)。

確かに子育ては大変。会社に逃げて仕事してた方が楽だと思うもの。
しかも、今は仕事持って子育てしてる人も多いしね。
かといって、まずダンナは「子育てと家事は女のシゴト」って思ってるフシがありありだし。
「あたしだって働いてんのよーーーーっ!」と叫びたい事もあるだろうな・・・。
本当にアタマが下がります。
忙しくてあんまりかまってあげられないから、子供をなるべく叱りたくない。っていう気持ちも、理解できるつもりです。また、そういう子はスキンシップ不足から、わがままを言いがちになる。
しかも、年中ぎゃあぎゃあ騒がれてたら、言って聞かす気力も萎え、耳も騒音に慣らされて、うるささを感じなくなるのもわかる!
で、自分達がどんなにきっちり教育しても、
幼稚園なんかでバカ親に育てられた子供に囲まれてたら
朱に交わってしまうだろうし。

でも、人ひとり育て上げるって事は、何にも増して意義があって、
素晴らしい事だと思う!
だからこそ、もっと考えて欲しい。
愛する事は、決して甘やかす事じゃないと言う事を。
常に友達みたいな親子もいいのだけど、私はどこかにちゃんと「親と子」の線引き・順列があって、人間として尊敬される部分がないとダメだと思う。
子供は冷静にちゃんと見ています。
親がどういう人間なのかを。

「人に迷惑を掛けられるくらいなら、掛けた方が得!」とか、お年寄りや、弱者、ひいては他人を思いやれないような人間ばかりの社会なんておぞましい。
他人を大切に出来ない人は、自分自身も大切にされないよ。

最後に。
以前、大阪のファーストフードのお店に入って並んでいたら、5歳くらいの男の子が走って来て、私の前に割り込んだ。
そうしたら、背後からツカツカとお母さんがやって来て、その子にビンタを見舞った!床に倒れこんで、今にも泣きそうな息子に一言。
「なんで殴られたか、よう考えてみいや!?」
「・・・・・」
息子は諒解したのだろう。ぐっと涙をこらえて、頷くと最後尾に並びなおした。
そして、お母さんは抜かされた私たちに謝り、息子にも
「ごめんなさい」と言わせた。
私はあまりの迫力にあっけにとられていたが、
「ナニワのオカン、やるな〜!!(惚)」
と、うなった。(笑)
(でも、肩から上を叩くのは鼓膜が破れたりすることもあるから、やめた方がいいと思うけど・・・^^;)

子供や自分を流行のファッションや、有名校入学で飾ることには細心の注意を払うのに、他人に迷惑を掛けないという人間として最低限の気配りも出来ないような「バ家族」
になる位だったら、私はこんな「かあちゃん」になりたいと思う。

posted by Cimbombom at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | わたし、怒ってます :( | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/492265

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。