2004年07月12日

元気ハツラツぅ〜?! (新庄バージョン♪)

突然ですがっ!
新庄、好きなんです。
あの何も考えていないようで、実は気配りを忘れないところとか、
何でも「なんとかなっちゃう」ところとか、
何より、底抜けに明るいキャラとか。

イチローの文句ない実績よりも、松井の達観した人格よりも、
新庄と、あの生き方がスキだ!ヽ(^o^)丿

昨日のオールスターでの単独ホームスチール。
あれこそ新庄の真骨頂!

「パ(の一員)じゃなかったら、たぶんやっていなかった。パの選手がテレビで取り上げられて、ああいう選手を見にいこうと、ファンが思ってくれたら。そういう意味でね」
(夕刊フジ)

前夜の第1戦(ナゴヤドーム)は始球式のボールをファウルし、投げた小学6年生をビビらせ、最初の打席では、予告ホームランのパフォーマンス。バントで意表を突いたつもりが、ピッチャーゴロに倒れて、アウト!
「野球をなめとんのか!」
と、お叱りを受けそうな行いだが、某やんごとなきお方に言わせると、野球選手は「たかが」野球選手らしいから、ええんでないの〜?とな。

もしも1リーグ制になればこの夢の祭典、なくなってしまうかもしれない。
それどころか、失業する選手も山のようにいるだろう。そして何より、現場の人間の意見を無視した(ほぼ)独断による専制政治!!
選手も、ファンも、怒りや不安を隠し切れないのは、見ていて痛いほど伝わってきた。
選手会長の古田が矢面に立たされ孤軍奮闘するも、皆、やんごとなきお方が怖いのか?!
借りてきたネコ状態。

そんな中新庄の、今の球界にモノ申す「元気ハツラツぅ〜?」なプレイ!
球宴史上、落合、清原に続き、3人目となる両リーグMVPをゲット。新庄のプレイを、王監督も
「お金に換算出来ない(素晴らしい)プレイ」
と、絶賛だったそう。

「北海道を出る前から、MVPはオレのもの。本当に取れると思っていた。打つだけじゃなく、ああいうプレーでもMVPが狙えるかなと思っていた。一回の表の守りで考えたよ」
(同紙)
と、試合後新庄節サクレツ。ついでに一言、お立ち台で言って欲しかったな。


「ナベツネって誰!?」


posted by Cimbombom at 20:16| Comment(0) | TrackBack(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/291783

この記事へのトラックバック

北海道日本ハムファイターズは新庄だけじゃなかった
Excerpt: 札幌に行ってきた。 すすき野は小さい歌舞伎町のようで、一人で行くにはあまりおもしろいところじゃなかった。 写真のニッカを過ぎたらすすき野エリア。 ラーメンも味噌ラーメンが主流で別に普通だったな。昔、す..
Weblog: シンジ
Tracked: 2004-08-20 11:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。