2005年03月17日

電 車 女  Vol.2

★真面目なのも、ほどほどに? (日比谷線にて)
電車の長シートは7人掛けられるようにと、3:4の境目に切れ目があるものがある。
見ていると、まず左右の端が埋まって、3番目にはその境目に座る人が多い。
そして空いた所にそれぞれ座ると余程体格のいい人が座らない限り、
ちゃんと7人掛けられる仕組みになっている。

ある時、その3人掛けた側に体格のいい人が重なり、4人スペースの方にまだ
余裕があったのを見たおばさんが、4人スペースの方の「境目」に座っている
男性に声を掛けた。
「もうちょっとそっちに詰めてください」
すると、眼鏡を掛け、本を読んでいた神経質そうな男性は

「いえ。僕の位置はここで間違いありません。そっちで調整してください」

と言い、頑として動かなかった。
まさかそんな返答をされるとは思わなかっただろうおばさんは「ぽか〜ん」とし、
座っていた他の人たちも 呆気に取られていた。
男性は「当然」といった面持ちで、また本を読み始めた。

確かに、彼の言っている事は正しいのかもしれない。
長くもない脚を大きく開いて偉そうに座っているオッサンに比べたら、
このイスの切れ目の主旨を理解し、全うするだけ余程まともだ。
けれど、それは「詰めろ」と言われた4人スペースの方に、 まだ人が座っていない
場合に言える事だろう。自分が詰める事によって、最終的に7人座れなくなって
しまうのがまずいから・・・という考えならば。
しかし、
このイスには既に7人掛けていたので、男性が少しずれた所で何ら問題はなかったのだ。
(「僕の位置」「間違いない」っつて・・・^^;)
電車の中で、知らない人同士の会話を聞くことなどとんとなかったので、
ある意味凄く新鮮だったけれど(笑)。


★色気あります。男気もあります。(同じく日比谷線)
飲んだ帰り、その7人シートに偶然女性ばかり7人座っていた時、私の前に立っていた
おぢさんが
「ちょっと詰めて」
と言って来た。
私は驚いて左右を見回し、なんとか少し左に詰めたが、どう詰めてもそのビール腹の
おぢが座れるほどのスペースは作れそうになかった。
が、おぢは、女性の片足が入るかどうか程度の隙間に無理矢理座ってきた。
当然私と、その隣にいた女性に半分ずつ座った状態になっている(´-ω-`)。
(ちょっと、カンベンしてよ!!)
と、内心思って立とうとした時だった。

「オジさんさぁ〜」

声の主は、おぢの隣に立っていた、茶髪で付けまつげバリバリ、ヘソ出しの
イマドキのオネエちゃんだった。
「ここさぁ〜、7人掛けなんだよね〜?もう7人座ってんじゃん?ムリだって。
かわいそうじゃん」
と言い、「このシートは7人掛けです」という窓枠横のプレートをダルそ〜に指していた。
するとおぢは
「をを、そうかぁ!」
と、さも今気付いたかのよーに(本当かよ?)白々しく笑って立ち上がった。
思わず彼女が天使に見えた私は、尊敬の眼差しで見詰めてしまった。
彼女は別段特別なコトをしてあげたとの様子もなく、しれっとしていた。

目の前のヘソも眩しい、実にイケてる彼女だった。

【関連する記事】
posted by Cimbombom at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 電 車 女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2467024

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。