2004年11月16日

お金をかけずに、美肌になる法

人のカラダは、本来自分で健康になろうとする働きがある。
肌もそうだ。
なのに何故、こうもたるんだり、シミが出来たり、くすんだりするのか?
それは、加齢によるものだったり、ストレスや、過酷な肌環境だったり。
じゃあ、それらの何が肌を衰えさせるのか?
勿論色々要因はあるものの、
「代謝」「血液の流れ」
大きな要因の究極は、これに尽きると思う。

代謝・・・即ち血の流れが悪いと、酸素や栄養分が上手く肌に伝わらず、
老廃物が肌に溜まって肌が肥厚し、どんなに高価な化粧品をつけても
浸透しにくかったり、
メラニンが排出されず、シミになったり。
どんなにいい肥料や種をまいたところで、肝心の畑が耕され、
活性化していないといい作物は育たないのと同じだ。
多くの病気も、血の流れの滞りから起こる。

私はすごく代謝が悪い。
どんなに辛いものを食べたり、42度のお風呂に入ってもなかなか汗が出ない。
そのせいか、顔も白い。
なんとか代謝を上げる為に、ウォーキングをしている。
これを始めてから、どんな評判のいい化粧品を使っていたときよりも、
肌の調子が良くなった。全体に張りが出て、毛穴も目立たなくなった。
歩くのはタダだし、たくさん化粧品も使わなくても良くなったので、
一石二鳥!
オススメ!

コツは、毎日続ける事。あと、出来れば早歩きで。
一番いいのは、脂肪も燃焼し始める3~40分以上がいいけれど、
なかなかそうもいかないので、一駅手前で降りて歩くとか、エレベーター
じゃなくて、階段を使うとか。小さなことを積み重ねるだけでも違います。
苦しい事が苦手な私でも、ウォーキングなら続けられています(笑)

「それでも、なかなかねえ〜( ´・∀・`)」
という方に!
*簡単・お肌潤い法*
入浴中、湯船で暖めたシートパックをして、リラックス&肌に栄養補給。
お風呂から出たら、すぐに化粧水を付け、今度は冷たいシートパックを。
このダブルの温・冷パック、なかなか効きます!
その後、すぐ油分でフタをして潤いを逃がさないのがコツですよ〜!

特に代謝の悪くなる冬!
夏の肌の疲れを取りきる為にも、お互いガンバリましょ〜!

2004年11月04日

ブッシュ 再選

最近知ったのですが、キリスト教にも「キリスト原理主義」なるものがあるそうで。
今回のブッシュの勝利の原動力は、その「キリスト原理主義」の擁する「大教会」
の力に依るところが大きいのだとか。

その多大な影響力を持つとされる「キリスト原理主義」の人たちは、
ローマ法王に次ぐ権力者と言われる大司教の号令の下に、
「ブッシュ支持」を打ち出し、票の確保に奔走した。
(詳しい信者数は把握していないのだが、とにかくその人たちの票が
当落の鍵を握るほどの力なのだそうだ)
彼らのブッシュ支持の理由は、
「ケリーは中絶を容認しているが、ブッシュは中絶に反対しているから」
ふうむ。なるほど。
中絶に反対という事は、「いのち」に対して畏敬の念を持っていて、故に
それを人間の手によって絶つということがいけないということなのだな?
と、想像してみる。
はた?
でもさ、イラクやアフガンをはじめ、よそ様の国で何の罪もない人たちを
「世界平和」の大義名分の下に、殺戮しまくってるのは・・・??
「それって、矛盾してませんか?」
という問いに、信者はこう言い放った。
「戦争で人が死ぬのは致し方ない。神もそう言っている」(という主旨の事だった)
をいっ!!┌(`Д´)ノ)゜∀゜ )

しかも、その大教会で信者の子供を集めて行われている勉強会!?の様子を
見て驚いた。1〜3歳位の子供に
「キリスト万歳!キリストこそ一番!」
などと言わせている。
はて?
こんな風景、どこかで見たような・・・?
「将軍様、ヽ(´ー`)ノマンセー!」
「アラーは偉大だ!ジハード(聖戦)だ!」
・・・・
おんなじやんけ!(爆)

アメリカは、イスラム教やその世界の人を、あたかも全てが
テロリストのように扱い、
「テロこそ憎むべき悪だ!」
と、強調しているが、自分達がその忌み嫌うイスラム教徒、
テロリストと言っている人たちと何等変わらないこと(・・・いや、それ以上・・・)
をしているという事に気付かないんだろうか?
・・・愚問でした。
気付かないから・・・なんだろうなあ。
いや、気付かないというよりも、同じことをしていても
「自分達はいいけど、それ以外の国(人種)はダメ」
って事なんだろう。
自国のテロで人が一人でも死ぬのは断じて許せないが、
他の国で何十万人自分達が殺してたとしても「悪」ではない。
アメリカ・白人は何をやってもいいが、有色人種は殺されても仕方ない。
野良犬は死んでもいいが、飼い犬は可哀相。
みたいな?
だったら、「中絶はよくない」だのって、偽善者面して欲しくないなぁ。
いっそのこと、
「オレらは戦争好きなんだ!自国の景気回復の為なら何万人だって
殺すぞ〜!血生臭い国民なんだよ♪」
と、カミングアウトしてくれた方が、よほどスッキリする。(笑)

もしもこの世界に、本当に神というものが存在するならば、
少なくとも、自分達の欲や思想の為に、他人を傷つけたり殺すことを
推奨するとは思えない。
幼稚園児だって知ってる。
人に迷惑をかけちゃいけませんよ、ましてや殺しちゃいけません。
って事ぐらい。
幼稚園児よりバカなんて、そんなの神じゃないよね?
きっと、こんなふうに都合のいいように歪曲されて、愚かな人類を
哀れんで居られる事だろう。

posted by Cimbombom at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

うわ!

もう今年もカレンダー残すとこ2枚を切りました!
ずっと放置プレイで、来てくださっている皆様、申し訳ありません。<(_ _)>

思うところ(ネタ)は色々あるのですが、なかなか及びません・・・。


最近、ショックなことがひとつ。
それは、イラクで殺害された、香田さんの事です。
大方の見方は、こんな時期に、あんな場所に・・・と、ある種自業自得のような
世論が多いですが・・・。
実際、それはその通りだと思います。
トルコを通して、少なからずイスラムの世界をかじったことのある者としては、
その無謀さには呆れる程です。
(言い尽くされ感がありますので、あえてここでは言いません)

けど。

あの香田さんの声と、表情が脳裏に焼きついて離れないのです。
あんな状況にありながら、淡々と、自戒の念を滲ませながら話す香田さんは、
私の目には酷く冷静に、大人びて映ったのです。
そこに至るまでの軽はずみな行動とは裏腹に。

まだ24の若さで、普通だったら泣き叫ぶか、言葉も発せないかでしょう。
たとえ話せても、支離滅裂になってしまうのではないでしょうか?
簡潔・効果的な言葉で(状況と自分の感情を、的確に、且つ
抑えたトーンの言葉で実に上手く表していたと思います)
決して「助けてくれ!」と言わず
「帰りたいです・・・」
と・・・。
(そりゃ言えないだろうよ?というツッコミもあるかと思いますが、
あの状況下では普通出来るものではないと思います)

勿論、私には何も出来ないのだけれど、どんなに傷ついてもいいから、
とにかく生きて日本に「帰して」あげたかった。

30日の夕方に、殺害されたと言われていますが、その瞬間、
一体どんな思いが彼の脳裏に過ぎったのかと思うと、
本当に切ない。

あんなに思ってくれる親御さんを悲しませるような事をして、
皆に心配や迷惑を掛けて、本当に大馬鹿!だよ、香田さん!
殴ってやりたい。
だから・・・
だから・・・
生きて帰ってきて欲しかったよ。

心よりご冥福と、
この死が無駄にならないことを、願っています。

こうやってだんだん、人の死がちっぽけなものになって来たり、
段々慣らされてくると、戦争や、それに近いことをするのが
平気になってくる。知らず、知らずのうちに。
それが、何より恐ろしい。

posted by Cimbombom at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。